スポンサードリンク

ミッドナイト競輪における2単は強い?分線(1−1−2−3)の展開理論

ギャンブル

今回は私が命名した2単は強い?分線の展開理論についてお話したいと思います。

今までも色々な展開をお話しましたが、こちらも結構特殊な形ですね。この形でレースが進むと考えると、皆さんはどう考えますか?

今回も一つ例をあげてお話したいと思います。

【(1ー1ー2ー3)の1例を挙げて考察する】

②⑦③ー⑤①ー④ー⑥

こういった形になるとします。

では毎回のごとく、バック回数が多い選手をみていきます。バック回数が多い選手は順に②番選手、⑤番選手。

競走得点の高い選手は順に①番選手、②番選手とします。

では、ここからどういう展開が考えられるかを考察していきたいと思います。まず私が常々言っているバック回数が多い選手に注目!というのをここでも使っていきます。

②番の選手がバック回数が1番多く、なおかつ競走得点でも2番目に高いですね。こうなってくると2番の選手が有利に思えます。ラインの恩恵もあってレースを動かしていきそうな気がします。

次にバック回数の多い選手は⑤番の選手ですね。⑤ー①ラインは2車なので、こちらも最終周回で捲ってきそうです。気になるのは⑤番選手の後ろにいる①番選手です。競走得点だけで考えれば、1番高い選手なので侮れません。

私の展開理論では〜競走得点の高い選手は、ほぼほぼ入線する!なんて話もしていますし、要警戒の①番選手です。

と、ここまでバック回数と競走得点から色々考えられます。

ブログ管理人さん
ブログ管理人さん

じゃあ〜展開解説よろしく!!

がりぱ
がりぱ

ちょっと待って下さい!!

この記事タイトルを見てください。2単は強い?分線と書いています。実は、私がこの形になるだろうと考えた時に一番最初に見るところは違います。

それはタイトルにもあるように単騎の2車です。この2車が強いのか?弱いのか?その時の動きはどうなる?と考えてます。

この2車の動きで展開がだいぶ変わってくるとも思っています。というのも、この2車が単騎の強みを生かしてどちらかのラインに追従したり、スイッチすることで良い位置取りが出来れば入線も可能になるからです。

こうなると、まず単騎2車の強さを考えなければならないですが、正直上記の情報だけでは把握出来ません。

ということで、この段階である程度の展開のパターンを考えていきます。ここでもラインの恩恵を考えて、いくつか提示していきたいと思います。

(1)②⑦③のライン決着

このパターンはお馴染みですが、気になるのは単騎2車と⑤ー①の2車ラインです。単騎が弱いと考え、⑤ー①の2車ラインも上手く機能しないという状況下で起こり得る展開ですが、果たして⑤ー①のラインが機能しないでしょうか?

少なくとも、①番選手は競走得点では1番ですし、⑤番選手もバック回数が2番目に多いです。この情報を信じるなら②⑦③のライン決着は難しいのではないでしょうか?

(2)⑤①ー②or⑦or④or⑥

このパターンは⑤ー①ラインが最後の周回でしっかり捲り、3車ラインも付いていけない流れです。これはおおいに可能性があると思います。一応「⑤番選手が頑張る」という条件下にはなりますが、私の展開理論に欠かせない競走得点の1番高い選手を中心に考えればありえます。

相手に③番選手を外しましたが、これは⑤ー①が捲る展開になれば、3車ラインの最後方にいる3番選手は非常に不利な状況になると考えられることからです。

単騎の2車も相手に入れたのは良い位置取りが出来た時を想定した場合です。

(3)①ー②or⑦ー④or⑥

これは少し面白い展開です。①番選手は強いので入線すると考えます。2番入線に3車ラインの先頭②番選手、番手の⑦番選手を考えます。この場合⑤番選手は、3車ラインを最後の周回で抜かす際に力尽き、離脱。

3車ラインの恩恵を受けた②番選手とさらに番手の⑦番選手が台頭。続いて単騎の選手が良い位置取りから入線という展開です。

【まとめ】

ということで、3つの展開をお話しました。もちろん、これはあくまで上記に記してあるような情報、データだけで考えうる展開です。

しかし、実際のレース展開を考えた際にも役立つ内容であると思います。考え方というのは毎回同じです。あとはここにどのような色付けをしていくか?ということなのです。

私の展開理論では色付けの話はしていませんが、これも後々お話していければなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました