スポンサードリンク

予想に使える!競輪講座for競輪初心者(part.1)

ギャンブル

まず皆さん、公営ギャンブルとして競輪をやったことがありますか?この記事を見ているということはあまりやったことが無いのではないでしょうか?

そこで、私が1から競輪の基礎的なお話をしていきたいと思います。予想に使えるであろう話も交えてお話していきます。

【競輪って?】

ブログ管理人さん
ブログ管理人さん

競輪ってギャンブルのあれでしょ?

競馬みたいなやつでしょ?

がりぱ
がりぱ

そうです!!賭け事ですね♪

ただ競馬とは全く違うんですよ?

そもそも「競輪」ってなんぞや?って話です。おそらくやったことの無い人は競馬と似たようなやつでしょ?とか、とにかく1着当てればいいんでしょ?なんて思ってるかと思います。

確かに1着を当てればいいのですが、そもそも競輪には、1着を当てる賭け式の「単勝」というのが存在しません。また「複勝」もありません。というよりも、単勝、複勝が無くなってしまいました。

昔はあったんですが、発売窓口も少なく、売り上げも上がらないなどの理由で廃止になってしまったそうです。初心者の方であれば、好きな選手に単勝、複勝勝負!なんてこともやりたいでしょうけど、そういったこともできません。

ブログ管理人さん
ブログ管理人さん

ぢゃあ〜つまらないじゃん!!

がりぱ
がりぱ

待ってください!!

初心者にもわかりやすくお教えします♪

競輪を知るにはまず歴史から

競輪は1948年に自転車競技法が制定され、小倉競輪場で行われた第1回小倉競輪競争が始まりです。だいぶ古いんですよ!?

70年くらい前からですかね?こんな時代からあったなんて驚きませんか?

この翌年に女子競輪も始まったそうです。今のガールズ競輪もこの頃からあったんですね〜。昔は今と違い、賭け式が単勝と複勝のみだったそうです。時代の流れとともに、より配当の大きい賭け式へと変わっていったということです。

ちなみに今では、オリンピックにKEIRINという名の種目がありますが、あれは競輪とは違うものです。日本発祥の競輪からアイデアを得て作られた新しい種目になります。

日本の競輪は団体戦と個人戦が混ざったものですが、KEIRINは完全に個人戦です。ルールも違いますし、走行距離も違います。意外ですよね?

この競輪とKEIRINの違いはまたどこかの記事でお話したいと思います。

競輪の基本中の基本

ルール

競輪は「バンク」と呼ばれる陸上競技でいうトラックに似たような競走路を走ります。そこで1着を競うのです。

バンクはトラックに似たとは言いましたが、コンクリートで出来ています。ここで転倒なんてした時にはただの怪我では済みません。

個人戦だけではなく団体戦でもある

基本は「ライン」と呼ばれるグループで走ります。選手がチームを組んでレースの後半まで一緒に走るのです。どの選手と組むのかというと、同じ地区の選手と組むのが一般的です。そしてレースの後半からラストにかけては個人戦となります。

何人で競うの?

昼間の通常のレースでは9人で行われます。最小人数は6人です。私が得意としているミッドナイト競輪では最大7人になります。ミッドナイト競輪は午後8時半もしくは午後9時から行われる競輪を言います。

賭け式は単勝、複勝以外はある!

賭け式は通常【2車複】【2車単】【2枠複】【2枠単】【ワイド】【3連複】【3連単】の7つです。レースが7車立て(選手7人)以下のレースでは【2枠複】【2枠単】はありません。

【2車複】・・・1着、2着を順不同で当てる賭け式。

【2車単】・・・1着、2着をぴったり当てる賭け式。

【2枠複】・・・1番車を1枠、2番車を2枠、3番車を3枠、4番車&5番車を4枠、6番車&7番車を5枠、8番車&9番車を6枠として、1着、2着がどの枠かを順不同で当てる賭け式。

【2枠単】・・・上記の枠の考え方で、1着、2着がどの枠かをぴったり当てる賭け式。

【ワイド】・・・1着〜3着までに入る車番を2つ選んで当てる賭け式。

【3連複】・・・1着〜3着を順不同で当てる賭け式。

【3連単】・・・1着〜3着をぴったりと当てる賭け式。

車券って何歳から買えるの?

20歳になってからです。成人になってから始めましょう!!

いつ開催してるの?時間はどうなってるの?

競輪は365日、毎日どこかの競輪場で開催しています!毎日開催されているので、どんな時も楽しむことができます♪時間は【モーニング】【昼間】【ナイター】【ミッドナイト】と4つに分けられています。

【モーニング】・・・午前9時頃〜午後2時半頃まで

【昼間】・・・午前10時半頃〜午後5時頃まで

【ナイター】・・・午後3時半頃〜午後8時半頃まで

【ミッドナイト】・・・午後9時頃〜午後11時半頃まで

【予想に使える!競輪豆知識♪】

がりぱ
がりぱ

さて、お待たせしました!!

ここからは予想に使える豆知識です♪

ブログ管理人さん
ブログ管理人さん

待ってました!!早く教えて!!

ここからは少し予想に使えるであろうお話をします。私も常に意識していることなので、ぜひ参考にしてみてください。

ヨーロッパについて

「ヨーロッパってあの海外の?」なんて声も聞こえてきそうですが、違います。競輪では・・・

4番車、6番車、8番車

この3車をまとめてヨーロッパなんて呼びます。なんでこのように呼ばれるのかというと、昔からヨーロッパが1着〜3着に入ると、高配当を叩き出すと言われているからです。

4番、6番、8番になる選手は、実力的に他の選手よりも劣る選手が選ばれる傾向にあります。その選手が1着〜3着に入れば自ずと配当も高くなるということです。

ということは、この4番、6番、8番が絡んだ車券を購入して、的中できれば良い配当をGETっということになります。

ブログ管理人さん
ブログ管理人さん

そんな上手くいかないでしょ?

がりぱ
がりぱ

確かにそうなんだけど、最近はそうでもないんだ。

最近はヨーロッパと安易に括れなくなっています。理由は実力の拮抗が挙げられます。つまり普通にヨーロッパが車券に絡むなんてことも全然あるのです。

競輪の1レース目、2レース目に注目!!

実は・・・1R、2Rでヨーロッパが絡んで、大きな配当になることがザラにあります。何故でしょうか?理由は明白で競輪の1R(レース)、2Rに出場する選手は、どの選手もある程度実力が拮抗しており、荒れやすくなっているからです。

荒れるというのは、一般的に予想紙などで1着〜3着に来るだろうと予想されていた選手が来ないことを言います。

荒れやすくなっている=ヨーロッパが1着〜3着に入りやすい

こういうことが言えます。つまり私が予想する際は、1R、2Rが荒れることも想定してヨーロッパの実力を確認し、ヨーロッパが絡んだ車券を購入するかどうかを決めるということです。

こうするだけでも的中率は数段アップすると思います。

【まとめ】

ここまで、まず競輪に触れて頂く際に必要最低限であろう知識だけをお話しました。豆知識も織り交ぜながら、これからも競輪の魅力を伝えていくことができたらと考えています。

実際に車券を購入されるとわかってくるとは思いますが、何か気になる点、わからないことがありましたら、是非メッセージを頂ければと思います。

私が知りえる範囲の内容であればお答えしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました