【どこも借りれない場合はどこで借りるの?】実は・・。

お金が足りない!でもどこも借りれない場合はどこで借りるのか。

この記事では、キャッシングやカードローンで借りることができない時の対処法について解説します。


どこも借りれない。審査に通ることができない理由とは?

汗水たらして働く生活でギリギリ・・・そこに急な出費がくると困りますよね

・治療費

・冠婚葬祭費

・転居費

など、急にお金が必要になることって意外とあります。

本来であれば「アコム」や「アイフル」で一時的にお金を借りて、少しずつ返済すれば問題ありません。

しかし、総量規制に引っ掛かったり、債務整理などをしていると審査に通ることができず、お金を借りることができません。

どこも借りれない場合はどこで借りればいいのか?主に借りれない理由は3つありますので対策をお伝えします。


どこも借りれない理由が滞納の場合!公共料金の滞納も審査でマイナスになることも

過去に「滞納」してしまった事がある人は、必要な時にお金を借りられないかもしれないので注意が必要です。

特に公共料金(電気・ガス・水道)や携帯料金でも、クレジットカード払いで残高不足で引き落としができないと、情報機関に滞納の記録が残ることがあります。

現在でも滞納している支払いがあるなら、できるだけ早く滞納を解消したり、「〇〇日までに払います」と明確に約束するなどの対応が必要です。


何日間「滞納」すると金融ブラックになる?

キャッシングやショッピングローンの支払いを「61日間」滞納すると「金融ブラック」になってしまいます。

滞納状態が長くなくても24ヶ月間に引き落としが複数回できないなど問題があれば「個人信用情報」に記録が残ります。

「金融ブラック」を消すには、まずはローンを完済して、5年間経たないと消えません。

滞納のはがきが届いたときは、速やかに支払うようにしましょう。


奨学金や税金などの支払いでも金融ブラックになる?

奨学金は借入した時期によって変わります。

平成21年度以降の借り入れの場合は、個人信用情報に記載されますが、それ以前の借り入れの場合は記載されることはありません。

また、税金や家賃は個人信用情報に基本的には滞納しても記載はされませんが、クレジットカード払いで口座から引き落としができなっかったりすると、金融ブラックになる可能性がありますので注意が必要です。


どこも借りれない理由が金融事故の場合!法律上は借りても問題ない

自己破産などの金融事故状態になると、信用ブラックとなるため、お金を借りにくくなります。

あくまで借りにくくなるだけであり、法律で決まっているわけではありません。

銀行や大手の消費者金融では借りれなくても、規模の小さい街金業者であれば、借りれる可能性があります。


信用情報ブラックでも借りれる街金業者はヤミ金ではない?

街金業者や中小の金融業者は認知度が低いだけでヤミ金とは違います。

金融庁や日本賃金業協会にも認められて、加盟している正規の金融業者です。

では何が違うのか?それは審査がコンピューターなどのシステム任せではなく、人が行っていることが多いこと。

返済計画などの相談をしっかりすることで、業者からの信頼度を上げることができれば、情報ブラックでも借りられるかもしれません。


ヤミ金は絶対に使ってはいけない!怪しい業者に気をつけよう

街金業者はヤミ金ではないとの話がありましたが、審査不要を謡っている「賃金業法」を無視するようなヤミ金業者からは絶対に借りてはいけません。

ありえないくらいの高金利すぎて元本が減らず、返済ができなくなると、個人情報を悪用されたり、アパートに押しかけられたり、資産を不当に差し押さえられたり・・・

闇金ウシジマ君のアニメを見ればわかりますが、借金を返すためだけに働く人生「さようなら」状態になります。

実際に長い返済に追われて亡くなってしまう方も現実におられます。

人生を左右する選択です、審査不要などと甘い言葉に流れないようにしましょう。


どこも借りれない理由が総量規制オーバーの場合!おまとめローンを活用しよう

カードローンや消費者金融では、年収の1/3以上の借金があると貸付できない「総量規制」という法律があります。

総量規制を超えているのに貸し付けを行うと、賃金業法違反になるため、街金や中小の金融業者でも貸し付けすることができません。

ではどうすればいいか?

銀行のカードローンによる「おまとめローン」を利用することで借りることができます。


どこも借りれないなら銀行のおまとめローンを活用しよう

消費者金融でも借りれないのに、銀行のおまとめローンを借りることができるの?と思いますよね。

銀行の貸し付けは総量規制の対象外なので、住宅ローンを除くほとんどのローンをまとめることができます。

銀行ローンでまとめることができれば、総量規制も復活して消費者金融での借り入れもできるかもしれません。


消費者金融のおまとめローンはダメ?銀行ローンと何が違うのか

消費者金融でもおまとめローンを扱っているところもありますが、総量規制に触れてしまうとお金を借りることはできません。

また、借金を関西するまで追加で融資を受けれなくなる点も注意が必要です。

なので総量規制の対象になりそうな方は、銀行のおまとめローン利用をおすすめします。


どこも借りれない場合は生活から根本的に見直すことも大事

信用情報ブラックになってしまう方は、彼氏、彼女、母親、家族など周りに迷惑をかけないように生活から改善するのはどうでしょうか。

訳ありでも、やることやれば周りは優しくサポートしてくれるはずです。

おすすめは副業を始めてみることと、家計管理をしっかりすることです。


収入を上げることも大事!副業を始めてみよう

副業といっても顔認証のできるアイフォンや、高価格なアンドロイドは必要ありません。

安いタブレット端末があれば、やり方を工夫してやればできます。

たぬきでもいいので、夜間バイトや派遣の仕事を受けてみるのもいいですね。

とにかく収入を増やすことで、新しく見えてくるものがあるはずです。


家計改善に取り組んで支出を抑える

例えば、ワイモバイルなどの格安シムサービスやワイマックスを利用したり、タバコの数を制限したり、いらない保険を解約したり、できることはありませんか?

アマゾンやアウトレット利用することで、割引でお得に物を買う方法もあります。

タクシーは使わずに歩いたり、安いワンルームマンションに住み替えて、住居費を抑えるのもいいですね。

ちょっとした豆知識があれば、魔法がなくても生活を改善するコツはたくさんあります。


2010年より前から借り入れしてる方は「過払い金」の返還について相談してみよう

過払い金とは、借り入れをした際に、法律で定められている金利上限よりも多く賃金業者に支払ったお金のことです。

2010年から「改正賃金業法」が完全施行されたため、施行された後からの借り入れに関しては過払い金はありません。

1.完済してから10年以内

2.借り入れ契約が2010年6月以前

この条件に当てはまる方は、過払い金を返還してもらって元本と相殺できるかもしれません。

ですが、返済中での過払い金請求にはデメリットもあるので注意が必要です。


借金を返済中の方が過払い金請求をすると「任意整理」扱いになる

任意整理は債務整理の一種のため、信用情報に事故情報が載るためブラックリスト入りとなります。

分割払いや住宅ローンを利用できなくなったり、クレジットカードを持つこともできなくなります。

過払い金で元本の返済が終わる方は大丈夫ですが、完済できない方の返還請求は注意が必要です。


過払い金請求するか迷うなら法律事務所に相談してみよう

過払い金がどれくらいあるのか、手続きはできるのか気になった方は、無料相談窓口のある法律事務所に相談することをおすすめします。

借り入れについて詳しい内容を忘れたり、わからなくても調べてもらえます。

過払い金の請求は有料ですが、苦しい生活にあれこれ悩んでいるなら、一度相談してみましょう。


どこも借りれない場合はどこで借りるのまとめ

今回はどこも借りれなくなる理由と、対策についてお伝えしました。

・総量規制に引っ掛かりそうなら「銀行のいまとめローン」

・滞納が理由であれば、早急に支払うか、支払日を伝えよう

・金融事故で借りれないなら、中小賃金業者か街金を利用してみよう

・収入を増やして支出を減らすために副業をしてみる

・過払い金の相談や請求をしてみる

借金の返済について、涙が出るほど泣いたり、気持ちが萎えたりするかもしれません。

自分の借金について把握することで、ラスボスの倒し方がわかります。

夜行バスに乗って夜景を見に行ったり、ハワイに行くなど、テンションの上がる楽しい生活ができるように頑張りましょう。

選べるカード

Posted by 提案ちゃん