【被災したらすること!】お金のこと(地震編)

今回は地震とお金のことについてお話したいと思います。

私、地震とかホント無理です・・

私自身も東日本の時は東北にいましたし、今も旦那さんが東北人で田舎に住んでます。

田舎暮らしはデメリットしかないと思っていたんですが、意外と良いかも!と思っていた矢先に福島県沖地震で震度6強をモロに受けました。

うわ・・そうだったんですね・・

それで地震とお金の話なんですね。

そうですね。

壁にヒビ割れが出来てしまい、家自体が少し歪んだのでこれはマズい!となったんです。

下の写真が実際の写真です。

うわ・・かなり大変じゃないですか!


地震で被害を受けたらやるべきことは?

まず地震で被害を受けた時にやるべきことは『り災証明書』の発行です。

東日本や熊本地震、台風とかでも被害を受けた住宅は発行してますよね?

そんなに大事なんですか?

そうですね。

ここから全てが始まります。

ここをしっかりやらないと、お金の面で様々な支援を受けることが出来なくなるんです。


そうなんですね。

じゃあ、被害を受けることがあったらやらないとダメですね!

はい!是非やってください!

ただし、一つだけポイントがあります。

もし安全なら、『被害箇所の写真』を撮っておいてください。

被害箇所の写真ですか!

それが役立つんですね?

そうなんです。

大きな災害などがあると、調査の方が来るまで時間がかかります。

り災証明書の発行自体にはこの写真は必要ないですが、片付ける前にこれだけの被害があったという証拠を残しておくことが大事なんです。

チェックポイント

  • 被災したら、り災証明書の発行申請を市に行う!
  • 被害にあったところを片付ける前に写真に撮り、証拠を残しておく!


地震で被害を受けた時の支援制度は?

地震で被害を受けた時の支援制度にはいくつかあります。

●義援金
●被災者生活再建支援金
●災害援護資金
●災害復興住宅融資
●税金・保険料、公共料金等の減免、控除や支払い猶予

結構色々あるんですね。

これを知っていないといざ被害にあった時に大変ですね。

そうですね。

支援制度をある程度知っておくことで、活用方法を知ることができます。

詳しくは内閣府のホームページで書かれていますので気になる人は読んでみてください。

・・>>内閣府のホームページへ

色々支援制度があるから、実際に被害にあった時は全部使いたいですね!

それがですね・・必ずしもそうとは言えないんです。

支援制度の中には条件もあって、その条件を満たすには『片方の支援制度しか受けられない』なんてもことあります。

なので、支援制度を受ける時にはよく確認して受ける必要があります。

なるほど・・勉強になります。

チェックポイント

  • 支援制度には様々なものがあるので、要確認!
  • 支援制度の中には一緒に利用できないものもあるので確認しておく。


地震保険に入っておくことは大切!

これ・・ウチは失敗しました。

まさか地震が起きるとは思っていなくて、地震保険に入っていなかったんです。

そうなんですね!

今回被災されましたからね・・入っておけば・・

そうなんです・・。

東日本もあったし、当分は東北に地震が来ないだろうとたかを括っていました。

そうしたら福島県沖の地震です。

旦那と『しまったー!!』と叫んでしまいました_(┐「ε:)_

住民税非課税世帯なので余計です・・


被災の状況によっては、支援制度を使ってもお金が足りなくなってしまうことがあります。

特に被災状況が深刻だと余計です。

どんな時も支援に頼るだけではなく身を守る術も身につけておくことが大切になります。

私は地震保険も入ってなかったので、すぐに入ろうと思います。

このご時世何があるかわかりませんもん。

そうですね。

日頃から毎日3000円コツコツ稼ぐ副業を身につけておけば想定外のことが起こってもしっかり対応できるなと思います。

私も今回でよ〜くわかりました。゚(゚´Д`゚)゚。